前衛のポジンョンはこう考える
 
※三つのケースが考えられる。
(いろいろな先生・生徒から「前衛のポジション取りは難しい」といわれる)
 
 前衛は初心者のころから、自分の後衛がこう打ったらこう立ちなさい。相手後衛がこう走ったらここに立ちなさい。というようにケースバイケースについて、暗記のような教えられ方をされます。(こういう場合はここ・・・というような)このような事もあるていど知識としては必要ですが、それだけで終わるから前衛が育たないことになります。前衛はあれだけネットに近いところにいるのですし、相手後衛よりも早く自分が行勤を起こせるのですから、自分が考えて、自分でボジションを
取らなけれぱいけないのです。ポジションとはそういうものなのです。(ボジション取りにここが正しい、違うということはない) 大切なことは、前衛が自分で判断して自分で行動する力を育てることて、前衛をつくることができます。そこで、ポジションを自分で決めていく力をつけるためには、次の三つのケースに分けて考えればいいでしよう。
 
@最も初歩的なものとして、相手に絶対に自分の後衛のほうにポールを変えさせようとするポジションです。つまり自分がどこにいたら相手はだいたい後衛のぽうに打つだろうかと考えること。これはどちらかというと守りの感じになるかもしれませんが、気持ちの上ては積極性を持たなければいけないので、このポジションで相手に、自分の後衛のほうに打たせるのだという意識で立ちます。
(休憩・観察)
 
A今度は逆にどういうポジションを取ったら、自分のほうにボールをもってこさせることができるかです。(誘い)ただこれも、誘うというより自分のところに打たせるという、積極的な気持ちで立つことです。相手が自分のほうに打ちたくなるような自分のポジションはどこか考えます。
 
B相手が自分の後衛のほうに打ったボールをポーチ、あるいはスマッシユで追いか
ける。それをしやすいボジションはどこですか。(攻撃)
 
 前衛のポジションは、この三つの考え方で成り立っています。
 
 
「補足解説」
 以上は、神崎監督の原文そのままの前衛の考え方です。前衛のポジションに関する記述は表現しにくく、わかりにくいのが常です。前衛の動きに関しては、「カン」良いで済ませる場合も多いのではないでしょうか?理論で、誘そったり、理論でメンタルな部分も網羅しています。
(以下はすべてクロス展開でのイメージでとらえて下さい)
 
 例えば、@のポジションは、ひとえに守りのポジションと言うのではなく、マイナス思考をなくすため、後衛の方に打たせるポジション。という風な表現と考え方を持たせています。プラス思考で、常に攻撃的な姿勢を前衛に求めています。
 
 この、@のポジションは、相手のチャンスボールに対して、ネットにつき、サイド寄りに一歩動いたポジションです。 早くつくことが求められ、相手に意識させ、自分の方(アタックやサイド抜き)をさせない(されたとしても取れる準備はしておく)で後衛の方へストロークを打たせるようにするポジションです。
 
 Aのポジションは、サービスサイドラインとセンターラインの中間地点で、ネットから少し離れたポジションをとることです。センターで誘うのでは無く、思ったよりサイドよりと言えるでしょう。このポジションはあきらかな誘いというよりは、後衛がどっちにうとうか迷うポジションと言えます。「後衛に迷わせる」ことが、誘いになるということでです。
 
 Bのポジションは疑問形になっているように答えは最後までわかりませんでした。
考えるに、@とAのポジションをとったあとでの後衛との間合いで、ポーチに行ったり、スマッシュに行ったりするのではないかと思います。@のポジションをとることにより、少しきついボールだとシュートよりロブで来る可能性が高くなり、ネットへ着くことによる誘いが生まれます。その誘いでスマッシュに行く。例えばこういうことではないでしょか?
 
 上記のポジションをとる練習方法として、以下の2つの方法を行っていました。
試合形式で練習を行います。サーブレシーブから始めます。
 
●後衛は1本のみロブが打てる練習
●後衛は1本のみシュートを打てる練習
 
この中で、後衛は1本のロブやシュートをどう使うかという要件が出てきます。前衛はどこで勝負へ行くかと、誘いや、間合いが出てきます。この間合いの取り方が、一流と二流の前衛の差になりと言うことです。後衛と前衛との約束事もできます。一本のシュートを打ったら前衛は勝負に行くや一本のロブを打った後は勝負に行くなどです。
「ご意見 ご感想を」

メールはこちらへ=oyahisa@aol.com

 中学生ソフトテニスHPにもどる